虫除け,蚊の防虫対策をアロマで虫除けスプレーを作れます。蚊の活動温度は26度〜32度がピーク。まだまだ蚊の防虫対策は必要です。

ティリィアFacebook ティリィアインスタグラム

0936548001093-654-8001

メニュー

蚊は、まだまだ飛んでいますよ。


2019-09-03 21:18:29

今年の夏は、蚊が少ないと 

感じている方もいらっしゃると思います。

そうなんです。

確かに蚊は、少なかったのです。

その中でも国内でよく見るシマシマ蚊。

ヤブ蚊の仲間は35度以上になると活動しなくなるのです。

蚊が活発に活動する気温は26度から32度です。

私自身が、大失敗。

油断して無防備に出かけてしまい、

蚊に数カ所、刺されてしまいました。

日中が暑すぎて蚊は、飛んでいなかっただけで

しっかり潜んでいます。

そして近頃の雨で繁殖するような水たまりもあり、

9月になりましたが、まだまだ、防虫対策は必要です。

今からちょっと涼しくなり 朝、夕方は、蚊の活動が活発になります。
アロマを取り入れて安心・安全な 防虫対策ができます。

市販されている虫除けスプレーについて

「ディート」という薬品が含まれています。 

このディートという成分は、第二次世界大戦直後、
亜熱帯地方でのマラリア予防のために開発した農薬の一種です。 

近年、その有害性が、判明され欧米の一部の国では、

小さな子どもへの使用が厳しく制限されています。

虫の嫌がる香りのアロマブレンド。

アンチモスキート
https://www.aroma-pennyprice.com/aroma_oil/123.html

使い方
スプレーの作り方
動画でご紹介しています。
https://www.aroma-pennyprice.com/aroma_use/movie.html

ベースローション(乳液タイプ)
ベースクリームをに混ぜて 
塗布するのも効果的です。
(別売り、基材としてアロマなどの香り成分などが入っていませんので
お好みのアロマオイルをに混ぜて 
オリジナルのローション・クリームを簡単に作ることができます。)

私の個人での実際の使用方法は、
手ぬぐい(タオル)に
このアロマオイルを23滴垂らして
首に巻いて野外で2.3時間過ごしましたが、
爽やかな香りで心地よい香りに包まれつつ
虫刺され無しで過ごせました。

IFPA国際認定
ペニープライスアロマスクール
株式会社ティリィア 塩田知恵子
北九州市八幡東区高見3-1-1
電話:093-654-8001


facebookシェアボタン lineシェアボタン
アロマ関連情報一覧に戻る
ページ先頭へ
メニュー