cat1

猫にアロマは、危険ですか?

猫にアロマは、危険ですか? というご質問をいただきました。
答えは、Yes,でもあり No, でもあります。
アロマセラピーは、数年前に比べいろいろな研究が進み、医学的にもしっかりと結果が出ているという研究も進んでいます。
しかし、まだ未知の部分が多いのも事実です。 
猫のことだけに限らず、自分に自信を持って使用できない場合は、使用を回避する選択も重要だと思います。
 
私が、アロマを勉強し始めた頃に発行された本の中に書かれいた禁忌事項も
実は、問題なかった ということもたくさんあります。
都市伝説的な禁忌事項もあるのです。
 
現時点ではっきりわかっている点、
 
ティートリーは、人での使用は、原液でも安全と多くの方がご存知の情報です、が、
猫は、代謝機能が、人と異なるので
ティートリーを高濃度で経皮吸収させると中毒が、起きたという事例は、
発表されています。
 
私が今、理解している猫へのエッセンシャルオイルの使用へのルールは、
 
1. 皮膚にいかなるエッセンシャルオイルも使用しない。
 
2. 絶対にエッセンシャルオイルを舐めないようにする。
 
以下は、私の考えです。ご参考になるかもしれません。
 
微量の空気中のエッセンシャルオイルを吸収しただけで体内に蓄積していって害になるという懸念に対して
 
野生のネコは、どうして森の中で生き残れるのでしょうか?
 
お部屋にアロマを芳香浴として軽く香らせることで
中毒症状が起きることを心配するくらいなら、、、
 
家庭の中にエッセンシャルオイル以外にもっと危険なものは、ありませんか?
家庭に置いてある芳香剤は? 食べることができますか?
 
アロマセラピーは、これからどんどん研究が進み
人間、動物にも役立つことがさらに広がると思います。
 
しかし、今、わかる判明している事故が起きない使用法を
実践していただきたいです。
 

関連記事

  1. migi1

    10月20日・21日(東京)は、ペニープライスアロマを学び、体験 DA…

  2. CIMG3126

    ペニープライスアカデミーの講師仲間

  3. 0a32d1e0d616097935e76adbda29d172_m

    ハーブティもアロマ?

  4. CIMG3320

    恩師の二人と記念撮影

  5. 26cbbd492c8485c851bb0539d4eccef0_s

    体の洗い方、夏と同じままでは、大変です。Part1

  6. CIMG0599

    植物は、すごいを体験しているのです。

  7. IMG_7853

    懐かしい香りの記憶

  8. CIMG3313

    ペニーの夫 ロバートも 素敵

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。